梅毒の感染を調べるなら郵送検査がこんなにお手軽!でも注意点も。

梅毒の郵送検査がイイところ

梅毒など性病の郵送検査は、自宅で都合のいい時間に、自分で血液など検査物(検体)を採取して、それを検査会社に郵送して検査してもらうというサービスです。次のようなメリットがあって、とても手軽に利用できます。

⇒郵送検査のしくみ

誰にも知られずに検査できます。

梅毒,郵送検査,感染,メリット,注意

病院や保健所で検査を受けると、医師や看護師、あるいは他の患者さんなど、他人の目が気になったりしますが、郵送検査にそれはありません。そして、郵送検査はプライベートに十分配慮されていますので、家族や周囲には内緒で検査が受けられます。検査自体も匿名で行われ、自分の素性を明かす必要もありません。ゲイやバイの人でも受けやすい性病検査です。

 

自分の都合で検査ができます。

梅毒,郵送検査,感染,メリット,注意

病院や保健所では、診療時間中や検査の実施日に出向かないといけませんが、郵送検査は自宅でいながら、自分の都合にあわせてちょっとした空き時間を利用して行えます。症状が気になりながらも病院や保健所に忙しくてなかなか行けない人は利用しやすいです。

 

 

 

検査の精度は病院や保健所と同じです。

梅毒,郵送検査,感染,メリット,注意

郵送検査の検査は、病院や保健所の検査業務を受けている「登録衛生検査所」で行われますので、郵送だからといって精度が低いということはありません

 

 

 

検査結果が早いです。

梅毒,郵送検査,感染,メリット,注意

郵送の時間がありますが、検体が検査会社に到着後、数日で結果が分かります。病院や保健所のように出向く必要はなく、どこからでもインターネット上で確認できます。

 

 

 

「念のため」の検査に利用しやすいです。

梅毒,郵送検査,感染,メリット,注意

今のところ気になる症状はないけれど、梅毒など性病の念のために検査を受けておきたいときに、郵送検査はピッタリです。また、カップルでも受けやすいですし、結婚前のいわゆる「ブライダルチェック」にも使えます。

 

 

郵送検査の注意点

 

検査できる性病が血液や尿、膣分泌液、うがい液などで検査できるものに限られます。

郵送検査は、梅毒をはじめ、HIV、B型肝炎、C型肝炎、クラミジア、淋病など主な性病に対応していますが、目で確認したり触診する必要があるもの(ヘルペス、ケジラミ症、疥癬など)には対応していません。梅毒の検査は血液で行うので郵送検査で問題ありません。

 

梅毒,郵送検査,感染,メリット,注意

検査結果が陽性だった場合、病院で再検査する必要があります。

郵送検査の結果が陽性で、病院で診療を受ける際には再び検査を受けなければなりません。ただ、検査会社のなかには、再検査なしで治療が受けられる提携病院を紹介しているところもあります。

 

 

梅毒,郵送検査,感染,メリット,注意